順調に回復してます

次男が脳出血で入院して11日目です。
当初は「予断を許さぬ状況」と告げられましたが、神経内科、消化器内科、放射線科、呼吸器外科、リハビリテーション科による連携治療のおかげで、順調に回復しています。放射線照射、胸水除去、胸膜癒着術などが行われ、現在では呼吸が楽になり、血圧も安定しています。リハビリも順調に進んでいます。


ただただ祈るような日々でしたが、ようやくリフォームを考える余裕が出てきました。息子が家に帰ってきたときに困らないように、バリアフリーにしなくてはなりません。どの程度のリフォームになるかは、リハビリの結果次第ですが。

杖が必要でもいいから、また歩けるようになってほしいなぁ。

怒りと悲しみと

入院中の次男ですが、入院翌々日に突然、部屋が替わりました。もともと主科に空き部屋がなくて他科病棟の暫定的な部屋でした。その中での部屋替えです。病院の都合と思っていたら、なんと同室の人が次男の咳がうるさいとおっしゃったとか・・・。

前日見舞いに行ったとき、その方は頻繁にコールボタンを押して看護師さんを呼びつけていました。
ここが痛い、あそこが痛い、トイレに行きたい、背中にはさまっている毛布を取れ・・などなど、次から次へと要求を出します。看護師さんが手を掛けると、大きな声で「痛い痛い、どこをさわってるんだ!」って怒鳴ります。稀に見る我儘お爺さんですが、息子まで攻撃されるとは思ってもみませんでした。
ちなみに、この方の痛みはリュウマチの痛みだそうで、命に関わるものではありません。

息子の咳は腫瘍で気管が圧迫されているために出るものなので伝染するものではありません。一日中咳込んでいるわけでもありません。その方が頻繁にコールボタンを押して看護師さんを呼びつけては騒ぎ立てる方がよっぽどうるさかったですよ。いびきもうるさかったし・・・。
そもそも、病気のための症状にいちいち文句を言うなんて人間としてどうかと思います。


息子はこれから3か月くらいの入院になりそうで、長い闘病なので相部屋にしてもらいましたが、こんなことがあって考えさせられました。個室にすべきなのか・・・。でも、この病院の個室って、一日5万円なんです。ちょっと高すぎ。やっぱり相部屋しかないです。
「都心の高級老人ホームに住んでると自慢していたあのお爺さんが個室にお入りになればよいのでは?」
・・・と毒づきたくもなります。


息子は、「咳がうるさい」と怒鳴られるたびに「すみません」と謝っていたとか・・・
怒鳴ることにも「きっと耳が遠い人なんだよ」って・・・

優しすぎて、悲しすぎます( ノД`)


ちょっとバタバタしたりしましたが、ベッドサイドでのリハビリも始まり、病状は落ち着いてきました。
今回の出血の原因となっている腫瘍に対しては放射線を照射することになりました。
左半身の麻痺が残る中での闘病ですが、なんとか乗り越えてほしいです。


ランキング参加中
↓ クリックしてね

にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

次男が入院

かねてから病気療養中の次男ですが、一昨日(7日)の夜、足や手の脱力が起こり、救急車でかかりつけの病院に搬送してもらいました。検査の結果、脳出血を起こしていることがわかり、緊急入院となりました。
長い入院になりそうです。

救急車を呼んだとき、次男を二階からおろすために消防隊まで来ました。夜中に救急車と消防車が止まったので、ご近所はさぞびっくりしたことでしょう。
りゅうちゃんは、ただならぬ気配に吠えっぱなしでした。
私はというと、息子が救急車に乗せられ夫と乗り込むまで無我夢中で、りゅうちゃんに声もかけずに出ていきました。病院からタクシーで自宅に戻ってきたのは夜中の1時すぎ。普段なら夜中は爆睡のりゅうちゃんですが、このときもク~ンク~ンと鳴いてお迎えしてくれました。


これから毎日病院に行くつもりです。留守がちになると思うのでりゅうちゃんがかわいそうですが、仕方がありません。

**プライバシー保護のため一部修正しました。

ランキング参加中
↓ クリックしてね

にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

どんぐりころころ




びっこをひきながらも笑顔でお散歩中。

よちよち歩いていたら、下校中の女子中学生三人が
「あ~っ!よちよち歩いて可愛いいっ! さわりたい!」「あたしもさわりたい!」
と言って、追いかけてきました。追いかけられて、りゅうちゃん、まんざらでもないお顔です。

「可愛いい」が誉め言葉だってわかっているりゅうちゃんですが、こんな言葉をかけなくなって何年経つでしょうか?
「可愛いね」「いい子だね」って毎日たくさん言ってあげなくては・・・と反省してます。


ランキング参加中
↓ クリックしてね

にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村


マンモグラフィの後

昨年の今頃、乳房にある腫瘤の組織を生検してもらい、問題なしでしたが、1年経ったのでフォローアップのため再度マンモグラフィを撮ってもらいました。

画像は去年と全く同じだったそうです。
Dr.「だけどね~。腫瘤の形がちょっと気になるんですよ~。去年から思ってたんだけど。」
「生検で外れることもあるし・・・」
ということでMRを撮ることになりました。

来週です。その結果、何もなければもうフォローアップなしでOKだそうです。
私 「去年の生検で癌ではないということでしたからMRを撮る必要はないのでは?」
と食い下がりましたが、

Dr.「やっぱり形がちょっと気になるんですよ」
今度は問答無用という感じでした。

やれやれ。
噂では、うつ伏せになって乳房を穴の中に入れたまま30分。しかも腕や足はベルトで固定とか。

拷問ですか?

いやだいやだ~。
速く来週終われ~!!


IMG_5833.jpg
君は毎日お気楽でいいね。


ランキング参加中
↓ クリックしてね

にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
sidetitleプロフィールsidetitle

りゅう母(Mami)

Author:りゅう母(Mami)

りゅう

お散歩大好き。噛み癖、拾い食い...しつけで飼い主を悩ませていたのも遠い昔話。今では好々爺となった15歳の黒柴犬。

りゅう母(Mami)
還暦を過ぎてから学士入学しての学び直しも2016年に卒業。人生まだまだこれからと思った矢先、家族2人が病気に....。

にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

sidetitleりゅうの健康記録sidetitle
❤誕生~
アレルギー性皮膚炎

❤5歳
急性膵炎 
嘔吐と下痢(血便も)血液検査で膵炎と判明
脱水症状も

❤10歳頃
目の角膜に擦過傷で角膜潰瘍寸前に
点眼拒否で暴れまくる

❤10~13歳
皮膚炎頻発
痒くて掻きむしり10円ハゲ多発
尻尾の毛も噛んでむしる
シャンプーをアレルギー犬用に変更

❤同じ頃
左前脚に腫瘍
良性なので切除せず

❤13歳
てんかん発作のようなことが一回だけ
脳のMRIは撮影せず
その後異常なし

❤15歳
左下歯茎に腫瘍
良性と悪性と混在
切除せず

❤16歳
脚が弱り、寝てることが多い
腎機能低下するも概ね健康
散歩距離は元気な頃の1/5
散歩中によく転ぶ
sidetitleカレンダーsidetitle
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle本棚sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle訪問者sidetitle
sidetitle願掛けsidetitle
願掛ブログパーツ