スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小線源療法から3年半後の検診

前立腺がんとなったりゅう父が放射線による小線源療法を終えて3年半ーもとい3年4か月が経過しました。
トリモダリティ(小線源療法+ホルモン注射とホルモン剤+放射線外部照射)という治療法は当時としては最先端でしたが、その後いろいろ良い薬や治療法がでてきました。今だったら小線源療法にしたかどうかはわかりませんが、今のところ経過は順調です。
昨日の検査ではPSA(前立腺特異抗原のこと。前立腺の上皮細胞と尿道の周囲の腺から分泌される糖タンパクで、前立腺がんになると分泌が増え値が大きくなる)は0.10でした。

2017年9月  0.25
2017年12月 0.20
2018年4月  0.10

限りなくゼロに近くなっていてほしいですが、かかりつけの病院では小数点以下2桁までしかわかりません(^^;
でも、まだ下がっているというのは、良い傾向だと思います。
このままあと1年半たてば5年経過となります。さらに5年経っても何事もなければもう安心ということになります。


今のりゅう父は血糖値がやや高い程度でこれといって訴えている不具合はありません。すこぶる健康です。。。彼の母親のように90代になっても矍鑠としていられるような遺伝子を持っているようです・・・。


この遺伝子を次男が受け継いでいてくれたらな~と思うのですが、こればかりは人間の力の及ばぬ自然の摂理なのでしょうか。
私にとっては不条理でしかありませんが。

スポンサーサイト

むずむず脚症候群

昨日、大坂なおみの試合を観るために3時に起きたせいか、今朝も3時に目が覚めてしまいました。
いつもより冷え込み、体が冷えている感じがしていたら、
来ました。むずむず脚症候群です。
足だけでなく、腕までもむずむずして、何ともいいがたい不快感です。
血流が悪い所為で起こるらしく、どうしようもないらしいです。鉄分不足とか言われましたが、根本に血流の悪さがあるのでそれを解決しなければ治りません。3年ほど前からの持病です。

一時的にしのぐために、とにかく体を動かします。
寝床の中で足を上げて自転車こぎをしたり、腕を振ったり、もう必死なんですけど・・・
(ええ、たぶん、側で見てるひとは面白いでしょうとも!)

一度始まるともう寝られたものではありません。とうとう立ち上がってその場で足踏みをしたり体操したりしましたが・・・結局、起きました!
2日続けて超早起きです。はぁ~、明日も3時に目が覚めそうです。

天気予報によると明日は真冬に逆戻りして雪が降るとかいう話です。またまた冷えるので明日の朝方もむずむず脚は必至でしょう。

こんなときは、温泉につかってマッサージとかしてもらいたいですね~。

ランキング参加中
↓ クリックしてね

にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

糖質制限 再び

最近、夫も息子も血糖値が急上昇。夫は黄信号、息子は赤信号が灯りました。
夫のHbA1c   ・・・ 7.1
息子のHbA1c  ・・・ 11.9  (検査日の血糖値は368)

というわけで、さあ大変! 糖質制限しなければなりません。

毎日食べたものとグラム数を入力して栄養素の計算をしているのですが、今まではとにかく栄養を付けたくてどんどん食べさせていました(^^;
膵臓や肝臓が疲弊したらしく、肝機能、腎機能を示す数値も過去最悪です。

ご飯やパンなど、主食を完全にカットする方法もあるのですが、怖くてできません。
1日の総カロリーは1600kcal、ご飯は食べて、1日の糖質を120g以内(1食あたり40g)にしてみようと思っています。
今日の結果がこちらです。

2018 0319

白い欄は一日の必要分を満たしています。
ピンクの欄は不足しています。
黄色欄は多すぎです。

(この栄養素の表はカリウムの摂取量管理にとても役立ってくれて、おかげ様でカリウムの検査値は正常な数値に戻りました)

カロリーは1687.43kcalなのでまぁまぁ合格。(表では目標量が2306kcalになっていますが、これは息子の身長や年齢からの数値です)
糖質は137.52g (炭水化物ー食物繊維=糖質です)なので、不合格。でも、今までよりずっとましです(^^;

ご飯1膳は150gで糖質はなんと55.2g。それに3皿~5皿のおかずの糖質が加わっていましたから、とてつもない糖質になっていたようです。これをいきなり1食あたり40グラム以内の糖質に収めるって難しいですね。
でも、糖尿病ブログなどを拝見すると、短期間で血糖値を下げた皆さんは、主食完全オフとか、それ以上の節制をしていらっしゃるようです。

前途多難ですが、1か月後の検査までにできるだけ頑張ってみよう!
ということで、糖尿病食の献立本数冊を抱え、私まで参加してダイエット中です。

かつてない、超ダイエットになってしまうのか?
どうなる、りゅう一家?

1か月後のご報告をお楽しみに(^_^)v


ランキング参加中
↓ クリックしてね

にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村





栄養素の分析

塩分とカリウムの摂取量を厳密に管理しなければならなくなったため、栄養素の分析サイトを使って記録しています。

毎食食べたものを入力してその結果を見たり
あとどれくらい必要とか、これ以上摂取できない!とか確認したり
何をどれくらい食べたらどうなるかシュミレーションしてみたり

IMG_6003.jpg
IMG_59981.jpg

結構面白いです。

薬の副作用で高血圧になっている息子のために減塩生活してるのですが、「1日6gまで」なんて至難の業だと思い知りました。
もともと醤油味の料理が多い日本人には1日6gまでは無理と、本にも書いてありますけど。
計算してみて本当に難しいと思いました。限界まで減らしても8~10gです。
食パンや出しにだって塩分が含まれているから・・・毎食普通に食べて栄養素分析したら驚くほどの塩分を摂っていました。
やはり病院食並みに減塩しないとだめです(^^;

味付けに市販のソースやドレッシングを使わない。
醤油(もちろん減塩醤油ですが)を極力使わず、素材の味や出しの味で美味しく食べられるように工夫する。

これまでの主婦生活は何だったんだ!というくらい、台所での時間が変わってしまいました。


今までは材料をいちいち計量することはなく、ほとんど目分量でした。
今では、一つ一つ計量してます。
バナナ一本だって可食部で測るので皮を剥いてから測る。ついでにカットして皿に入れて出す・・・
今までは皮がついたままポンと渡していたのに・・・


夫のために糖分を加減するときはしようとも思わなかった栄養素分析。
子供のためなら、できるものなのですねぇ。

薬の影響で高血圧&低カリウム血症になってしまった息子を、薬ではなく栄養で支えられるのは私だけ!
なんとしても、息子には元気でいてほしいのです。

ランキング参加中
↓ クリックしてね

にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

生検の跡

一昨年の10月、乳癌検診で引っ掛かり、超音波ガイド下の針生検を行っています。
2cm大の腫瘤があったのです。
細胞診の結果は「悪性ではないが良性であるとも結論できない」という、なんとも歯切れの悪い所見でした。
昨年の11月、再びマンモグラフィーによる検査を受けました。結果は「昨年と同じ」でした。
大きくなってもいないし、増えてもいません。
相変わらず「グレー」ゾーンですが、変化がないのは取り敢えず良い結果かもしれません。

しかし

実は、生検の跡が最近痛みます。
針を刺したあたりの2cm四方が凹んでいて、触ると痛みが拡がります。肋骨まで痛いような感じです。
この場所は以前(3年前)雪の日に転んで強打したところです。後になってから肋骨骨折していたことがわかったのですが、今は完治しています。

寒さで古傷が傷むのでしょうか。
それとも
別の病院でもう一度乳癌の検査してもらった方がいいのかなぁ。

自分の体のことになると、
早く検査した方がいいという気持ちと
もしも大きな病気だったら厄介だからいやだなぁという気持ちとが相対立して、下手に病気など見つからない方がいい、とさえ思ってしまいます。


sidetitleプロフィールsidetitle

りゅう母(Mami)

Author:りゅう母(Mami)

りゅう

お散歩大好き。噛み癖、拾い食い...しつけで飼い主を悩ませていたのも遠い昔話。今では好々爺となった16歳の黒柴犬。

りゅう母(Mami)
還暦を過ぎてから学士入学しての学び直しも2016年に卒業。人生まだまだこれからと思った矢先、家族2人が病気に....。

にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

sidetitleりゅうの健康記録sidetitle
❤誕生~
アレルギー性皮膚炎

❤5歳
急性膵炎 
嘔吐と下痢(血便も)血液検査で膵炎と判明
脱水症状も

❤10歳頃
目の角膜に擦過傷で角膜潰瘍寸前に
点眼拒否で暴れまくる

❤10~13歳
皮膚炎頻発
痒くて掻きむしり10円ハゲ多発
尻尾の毛も噛んでむしる
シャンプーをアレルギー犬用に変更

❤同じ頃
左前脚に腫瘍
良性なので切除せず

❤13歳
てんかん発作のようなことが一回だけ
脳のMRIは撮影せず
その後異常なし

❤15歳
左下歯茎に腫瘍
良性と悪性と混在
切除せず

❤16歳
脚が弱り、寝てることが多い
腎機能低下するも概ね健康
散歩距離は元気な頃の1/5
散歩中によく転ぶ
sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle本棚sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle訪問者sidetitle
sidetitle願掛けsidetitle
息子とりゅうちゃんが
一日でも長く元気でいますように
sidetitle息子の病気sidetitle
***
2018年3月17日 2年経過

***

2018年5月5日 永眠
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。