糖質制限 & 免疫力アップ



前から気になっていた「糖質0g麺」というのを使ってみました。
たぶん、不評だろうと思っていましたが、思った通りでした。
でも、お昼にこの麺を使えば、夕食がカレーでも一日の糖質という点ではOKなのです。何しろ、我が家のカレーはすごく高カロリー。ワインとか、リンゴ一個すりおろしとか、とろけるチーズとか入れてますので (;^_^

我が家の糖質制限はどちらかというと、ローカーボ(低炭水化物)という食事法に当てはまるようです。
一日の糖質を基準値(260g)の半分くらい、120~150gに抑えるようにしています。いわゆる「糖質制限食」(主食を摂らない)でもないし、癌を兵糧攻めにするという「ケトン食」(糖質80g~20g以下)でもありません。ケトン食には大変興味があり、本も色々読んでみました。癌を兵糧攻めにすることで有名ですが、重症の糖尿病の人や肝臓や膵臓、腎臓に問題のある人が行うのは危険だということですので、糖尿病で治療中の夫には不向きです。薬の副作用で血糖値が上がっている息子にもよくないような気がします。

むしろ、免疫力を上げたい。
それで、糖質を緩やかに制限した上で、病気と闘う免疫力を高めるために蛋白質(肉、魚、卵、大豆製品)をしっかり摂取し、ファイトケミカルと呼ばれる成分を含む食品を毎日食べさせるようにしています。

ファイトケミカル          含まれる食品
アントシアニン          ぶどう、紫いも、黒豆
イソフラボン            大豆
フラボン              セロリ、パセリ
セサミノール            ごま
スルフォラファン         ブロッコリー、キャベツ
アリルイソチオシアネート    わさび
メチルシステインスルホキシド  にんにく、ねぎ
β-カロテン             にんじん、かぼちゃ
リコピン               トマト、すいか
アスタキサンチン         鮭、いくら
ルテイン              とうもろこし、ブロッコリー、ほうれんそう
β-グルカン            きのこ
フコイダン             海藻(わかめ、もずく、めかぶ)
ペクチン              りんご
タウリン              いか、たこ
グルタチオン           アスパラガス、レバー
オイゲノール           バナナ
リモネン              柑橘類
ジンゲロール           しょうが

 
特に、大豆製品、りんご、たまねぎ、セロリ、にんにくまたはしょうが、海藻、ブロッコリー、ほうれんそう、トマト、リンゴ、アボカドは毎日必ず使っています。こうしたファイトケミカル食品をうまく組み合わせてメニューを考えるのが日課になっています。カロリー過多になってもいけないし、バランスをとるのも難しいです。毎日、頭を悩ませています。

食事だけで病気をどうにかできるものでもありませんが、これくらいしか私にできることはありませんので頑張って続けてみます。


ランキング参加中
↓ クリックしてね

にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

高リコピントマトとエクストラ・ヴァージン・オイル

2年前読んだ本に、イタリア人には前立腺癌が少ないという話が載っていました(OECDによる「男性人口10万人あたりの前立腺癌発症率」統計を基に)。地域や人種によって有意に発症率が多くなっています。
その本の著者によると、イタリアに少ない理由はトマトとエクストラ・ヴァージン・オイルを多く摂取しているせいではないかということでした。
科学的エビデンスがあるわけではありませんが、食べて悪いものではなし。どうせ買うなら、とそれ以来我が家では高リコピントマトにしています。
エクストラ・ヴァージン・オイルは、アボカドにかけて食べるのが好きなので前から使っていました。塩味がほしいときはアルペン・ザルツという岩塩を使っています。

IMG_5207.jpg

我が家に毎日欠かせない食材です。
最近は、糖質制限に必須といわれている中鎖脂肪酸を摂るために、ときどきアマニ油を使います。

IMG_5208.jpg

ただし、これはカロリーが高いので、コレステロール値が高い私は使いません。

私は骨密度が低いので乳製品を多くとりたいのですが、前立腺には乳製品はよくないようです。
一つ屋根の下で、効果が相反する食材は困りますね。

狂犬病の予防接種と一緒なので、りゅうちゃんの健康診断ももうすぐです。
りゅうちゃんもコレステロールや血糖値が高めで、上限値ぎりぎりです。
ドッグフードしか食べていないのに、変なところが飼い主に似てしまいました(笑)
高齢犬だからだとは思いますが。

ランキング参加中
↓ クリックしてね

にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

今月の血糖値は?

夫と息子の血液検査の結果が出ました。
夫のは2月15日の検査結果、息子のは3月17日の検査結果です。

      空腹時血糖値  HbA1C*
夫        159       7.0↑(前回6.8)
息子      139        6.8↓(前回7.1)

ご飯の量を減らすだけのとても緩やかな糖質制限です。食材は糖質の多いものを避けるようにしています。これだけでも全体の糖質量はかなり下がります。ただし、蛋白質はしっかり摂っています。

息子は、今まで山盛り2膳食べていたご飯の量を半分にしたせいか、大分下がりました。もう少し続けて、なんとか6.5以下に下げたいです。
夫は、もともと糖尿病です。発症して25年になり、薬を飲んでいます。我が家では25年間砂糖を買ったことがありません。食べ物自体の甘味、みりん、お酒、白だしでの甘味だけです(かなり薄味)。それで、ときどき甘いものがほしくなるらしく、こっそりお菓子を買ってきて隠れて食べています。


結果を見ると、今月は親子逆転です(ただし、夫のは1か月前の数値)。それぞれ、上昇の理由が違うので、一概には比較できませんが。
さてさて、次回はどうなっているでしょう? 夫は2か月毎の検査なので、次は4月に採血して5月に結果がわかります。
息子は素直におやつを控えてくれますが、夫の方が言うことを聞かないので厄介ですね~。

*
HbA1c(ヘモグロビン・エー・ワン・シーと読みます)とは、1ヶ月から2ヶ月前の血糖の状態を反映する指標です。
5.8~6.5が正常で、6.5を超えると糖尿病と診断されます。


IMG_5161.jpg
歩きながら深呼吸をすると沈丁花の甘い香りがするのですが、ここのところマスクを手放せません。花粉症、ひどいです。頭痛までします( ノД`)


ランキング参加中
↓ クリックしてね

にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

糖質制限

家人のために糖質制限ダイエットを始めて1か月以上すぎました。
毎日献立を考え、糖質量とカロリーを計算するのにもやっと慣れてきました。
一度計算すると、同じものをつくればいいのでだんだん楽になってきてます。

食事の中で最も糖質量が多いのはご飯です。軽く軽く一膳(100g)に抑えると糖質量は一食につき36.8g(前より小さいお茶碗に替えて、「これしかないの?」という声を封印)。朝はパン1枚で糖質量は20g。これだと、主食だけで一日に93.6gの糖質量になってしまいます。バランス良く栄養を摂るために野菜やたんぱく質はむしろ通常より多く摂取するので、全体の糖質量を120g/日に抑えるなんて至難の業です。ほとんど無理!野菜だって肉魚だって糖質を含まない食品はありませんから。
それでも、どうにか糖質の少ない食品を選んでメニューを考えています。ポテトサラダとか大好きなんだけどな。しばらく食べてないですわ。
どうか、再来週の検査でヘモグロビンA1Cが下がっていますように!
インスリン注射になんか絶対ならないように、頑張る!

だから~、こっそりおやつを買ってきて食べるのやめてくれないでしょうかね~?


私もコレステロール値が高いし、我が家の健康優良児はりゅうちゃんだけですね(;^_^

IMG_5158.jpg
ちょっと、もこもこしてるような気がするけど。

IMG_5142.jpg
「ぼくはおやつOKだよね?」


ランキング参加中
↓ クリックしてね

にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

骨密度測定しました(りゅう母)

コレステロール値だけでなく、骨密度の低下も気になるりゅう母。
毎年、上腕で測定してもらっていましたが、今年は本格的なDEXA法というので測定してもらいました。
かなり精度が高いそうです。


(Webから拝借しました)


実は、20年前と比べたら身長が3cm近く縮んでいて、ショック!(←毎年じわじわと縮んでいたのです)。
骨密度は今までギリギリでOKでしたが、精度の高い検査をして骨粗しょう症って言われたらやだなぁ。
あと、頸動脈の血管の超音波検査と動脈硬化検査もする予定です。
この検査と血液検査のコレステロール値とを総合して、薬を中止しても大丈夫かどうかを循環器専門の先生に判断してもらいます。
結果は30日にわかります。

ドキドキ!

ランキング参加中
↓ クリックしてね

にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村





sidetitleプロフィールsidetitle

りゅう母(Mami)

Author:りゅう母(Mami)

りゅう

お散歩大好き。噛み癖、拾い食い...しつけで飼い主を悩ませていたのも遠い昔話。今では好々爺となった15歳の黒柴犬。

りゅう母(Mami)
還暦を過ぎてから学士入学しての学び直しも2016年に卒業。人生まだまだこれからと思った矢先、家族2人が病気に....。老犬と2人の病人を明るく支えるのが現在のミッション。

にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

sidetitleわんわん時計sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle訪問者sidetitle